価格の高い浄水器は浄化性能が別格

main-img

大きく分けると家庭用の浄水器には3つの価格帯の製品群があることがわかります。
最も安価なゾーンの製品は水道に接続するタイプではなく、水筒やポットのように水を注ぎ入れて内部のフィルターを通過させて濾過を行う方式で、そのまま冷蔵庫の中に入れて冷やすことができたり、食卓に置いたりと使い勝手の良さが魅力であり、根強い人気があります。
浄化性能に関しては、基本的なカルキ臭除去や化合物の吸着などが見込めるものの、上位機種と比較すると機能的には簡易的なものとなっています。

水道に接続するタイプでは、カードリッジフィルターの交換が行える蛇口直結型が人気です。
手軽に設置できるということや本体価格が比較的求めやすいこと、浄水と水道水との切り替えによって、使いたい時にすぐ使えるということで、特に都市部のキッチンでの採用が多く見られる最も売れ筋の浄水器です。

信頼性の高い浄水器の価格の欲しい情報が手に入りました。

フィルターは活性炭や中空糸膜が使用されていますので、おおかたの不純物やニオイは取り除くことが可能です。



さらに性能の高い逆浸透膜フィルターを採用した浄水器も人気が上昇しています。
先に挙げた2つの方式と比較すると圧倒的な浄水性能を持つ製品で、水道水に含まれている有害な成分に関しては、ほぼ除去することができるほどの高性能を実現している製品もあります。



価格が高額となりますが、水道水の安全性に関して強い関心を持ち、安全でおいしい水を求める方から支持を集めています。

それぞれの製品の長所を情報サイトで比較しながら購入する機種を決めるのがおすすめです。

いまどきの浄水器

subpage01

ひとくくりに浄水器と言っても、その種類は多種多様です。日々次々と新しい製品が発売され、ますます多様化してきています。...

more

浄水器の最新考察

subpage02

水道水では、安全性を確保できず、美味しく飲むこともできないので、浄水器を利用する人は多いです。さまざまなタイプがあり、有害物質の除去性能なども異なりますので、タイプにより価格は全く異なります。...

more

浄水器の対策方法

subpage03

浄水器を選ぶ観点の中でも、本体価格やランニングコストに関する費用の面、そして浄水性能の面の二つは特に重要な項目となります。家庭用の浄水器は数千円の安価なモデルから10万円を超える高級機種までさまざまですが、水道水を浄化して美味しく飲めるようにするという基本的性能に関しては共通しています。...

more

大事な浄水器の事

subpage04

浄水器に求めるものは機能の面と導入コストの低さとしている人が多いものです。高級機種の浄水機能は飛び抜けて優れているものもありますが、導入時の購入費用や維持管理にかかるコストもそれに応じて高価格となる傾向にあります。...

more