浄水器の価格を比較する

subpage01

ひとくくりに浄水器と言っても、その種類は多種多様です。


日々次々と新しい製品が発売され、ますます多様化してきています。ホームセンターや家電量販店などでも簡単に購入できますが、種類によって価格はどれくらい異なるものなのでしょうか。


浄水器は大きく分けると、蛇口直結型、据え置き型、アンダーシンク型、ポット型の4つに分類されます。

比較的価格が安いのは、蛇口直結型、ポット型です。
蛇口直結型は、蛇口に直接浄水器を取り付けるタイプです。浄水器と聞くとこのタイプを思いつく方が多いのではないでしょうか。カートリッジが小型なので頻繁に取り替える必要はありますが、本体の価格は安く性能は高いものが多いため、初めて使う方にはよく選ばれるようです。


ポット型は、ポットにカートリッジが内臓されていて、水を注ぐと水をろ過するというものです。カートリッジを頻繁に交換しなければなりませんが、比較的価格は安いです。

据え置き型、アンダーシンク型の価格は少し高めです。

据え置き型とは、シンクに機械を設置するものです。

シンク内で場所を取りますが、その分カートリッジは大きいので交換の頻度は少なくなります。

ターゲットに応じた浄水器の価格情報もきっとあるはずです。

また、製品によりますが性能が高いものが多いです。



カビ臭や農薬、ヒ素や大腸菌など様々な菌をろ過します。


アンダーシンク型は、機械が流しの下に組み込まれているタイプです。
外に出ていないので見た目はとてもすっきりします。

据え置き型と同じように浄水機能が高いものが多く、安全な水を使いたいという方に選ばれています。