価格と性能のバランスが良い蛇口直結式の浄水器

subpage01

浄水器を選ぶ観点の中でも、本体価格やランニングコストに関する費用の面、そして浄水性能の面の二つは特に重要な項目となります。

浄水器の価格情報を探しましょう。

家庭用の浄水器は数千円の安価なモデルから10万円を超える高級機種までさまざまですが、水道水を浄化して美味しく飲めるようにするという基本的性能に関しては共通しています。


価格の差となっているのは、フィルターの方式や付加機能の有無などとなっています。

最も安価な価格帯であるポット式は人気も高い製品です。

水道水を注ぎ込み濾過が完了するまでしばらく置いておく必要がありますが、そのまま冷蔵庫に入れることができますので、冷えた状態で食卓に持っていくという使い方もできることが魅力です。



交換用のフィルターも求めやすい価格です。

ただし、浄水を使いたい時に使い切ってしまっているとしばらく待たなければならないため、蛇口直結型を選ぶという人も多く見られます。
家庭用浄水器の販売台数では、蛇口直結型の人気が特に高く、本体が1万円前後の製品が売れ筋となっています。
有力メーカーの製品も多く、浄水性能に関しても基本的な13物質をきちんと除去できる能力があり、カードリッジ交換も簡単であることがメリットとなっています。


価格と性能のバランスが最も良い方式ですので、競合する製品も大変多く選ぶ際には迷うことになります。



そのため、各機種を一括して比較検討できる情報サイトを活用し、購入の際の参考にすることをお勧めします。